ディープダンジョン「死者の宮殿」の感想 -なんだこれ。- 

ffxiv_20160720_052001.jpg 
すごい楽しみだった3.25パッチ。
3.25パッチの大きな目玉(というよりこれ以外は特に何もない)だった「ディープダンジョン」
通称「死者の宮殿」。とりあえず一通りプレイしてみたんだけど。


単刀直入に結論からいう。なんだこのクソゲー。
私は自分で言うのも何だが相当なFF14テンパードであると自覚している。

累積プレイ時間は100日を優に超え、そろそろ150日を迎えるところ。
もちろん大した数字ではないが、それでもこのゲームをそれなりにやってきたつもりだ。
いろんなプレイヤーからクソだと言われ続けた雲海探索や
AWなどを作るための作業でしかないアレキ周回やID周回など
それですらも楽しい楽しい(^q^)と受け入れてきた私だけど
今回のDDに関しては残念ながら何も楽しさを見いだせない。

とりあえずクソだクソだと喚いてもしょうがないので
良い点と糞な点に分けて書いていく。

良い点


1.1~60まで様々なレベル帯のクラス・ジョブのレベリングができ、やったことないジョブを60までお試しすることができる。
これはいい。レベリングに際して装備を揃える必要もない。
レベリングルーレットなどに比べれば効率は大きく劣るものの
装備を考えなくていい、1以降サスタシャまでのレベリングの面倒さを解決できること、
気楽さなどをとれば悪くない。
初心者がこれからどれを上げていくかの指針にもなるかもしれない。まあジョブを取得してないと60まで上がっても・・・って感じだけどネ

2.一応235武器が手に入る
サブステがどうとか、その労力に見合っているかとかはさておいて
一応235武器が手に入る。
そもそもサブステを気にするような人はすでに最低でもニーズヘッグをクリアしているだろうし、
おそらく3層は超えているはず。245武器が手に入る4層ですら、超えているかも。

だがそれでも、235武器が手に入るのは事実。

3.即シャキであること
時間帯、階層問わず今はマッチングは即シャキ。
ただ、それがパッチ後の賑わいによるものなのか、ロール無視の設計によるものなのかは分からない。
おそらく前者。

4.フレンドなどと行けば楽しいのかも。あと初心者といける。
これはフレンドいない私からするとわからない。想像でしかない。
でもたぶんそう。きっと。(´;ω;`)

悪い点


1.報酬に対して過程が激しくめんどくさい、苦痛。ただただ苦痛。
すべてのコンテンツが報酬を基準にして設計されるべきではないこと、
それが全てではないことは重々承知しているつもりだけど
このコンテンツはそれに見合ってないこともはっきりとわかる。

報酬は、いわゆるトークン(いくつか集める、もしくは単体でマテリジャやミニオン、マウントなどと交換できる)と、235武器になるわけだけど
トークンはともかく235武器を手に入れるためには、最低でも死者の宮殿5周~10周は覚悟しなければならない。
10層潜るたびに大体20分程度かかるので1~50で100分ほど。
それを5周。235武器といくつかのミニオン、マウントにその価値があるというのだろうか。

このコンテンツはいわゆるローグライクを目標としたコンテンツだと認識していたが、
蓋を開けてみるとやっていることはいつものIDの戦闘だった。

それどころか簡単なギミックすらなく、木人を叩いているような感覚。
いや、まだ木人だったらスキル回しやdpsで楽しもうとできたかもしれない。
でもこのコンテンツはlv1からスタート。黒魔道士ならブリザドを打つところから始まる。
lv60になってようやく完全なスキル回しができるようになる頃には、だいたい40層に到達している。

そしてこのコンテンツの一番クソなところは、強化が万が一1~50層で終わらなかった場合(+30にならないと具現化できず、235武器として使用できない)、またlv1からスタート、しかも1層~だというのだ。

さらにさらに、この強化と呼ばれるものは一定確率で現れる宝箱を開け、更にそこから一定確率で付与されるものになるのだが、この"一定確率"が強化値が上がれば上がるほど低くなっていくのだ。
というよりも、現在+28時点で、40~50層以外で1度も上がったことがない。すべて強化が失敗した(笑)などというシステムメッセージを何十回も連続で見せられるだけで、一向に進む気配がない。

ならば41層~50層で確実に強化値が上がるのかといえばそうではなく、なんなら1度も強化されないまま50層まで到達することのほうが多いくらいなのだ。
そして到達してしまえば、また1層からやり直し、はっきり言ってこの時点でクソの中のクソ以外何者でもない。

2.ギミック、トラップ、マップ生成、どれをとってもつまらない
今回一つの魅力としてあげられるのがIDなどとは違うランダム生成のダンジョンを攻略していくことなのだが、そのギミック、トラップ、生成されたダンジョン、すべてが全く面白みもないのだ。

コピペされた風景、壁が続くだけの小部屋がいくつか連なる設計は1層~50層まで全く変わらない。
トラップもどれもこれもプレイヤーを阻害するものばかりで、工夫などを感じられない。
アイテムに関しても、平凡的なものばかり。

これで何を楽しめというのか。

3.ソロではほぼ不可能
ジョブなどによるのだが、一般的なDPSジョブであれば序盤に関しては
ほぼクリアは不可能だと思っていい。
正確には雑魚は余裕で倒しきれるのだがボスがあまりにも厳しすぎる。

ソロはそもそもチャレンジ目的でクリアできるようなものではないと吉田も言っていたけど
なんだろう、この設計なら何も気にせず1人でマラソンさせてほしかった、それすら叶わないとは。

4.ワクワク感など皆無。
アクアポリスとどうしても比べてしまうからかもしれないけど、本当にただの作業でしかない。
報酬が1に上げたものだけであるから、何も楽しみがない。単純に1層ごとに消化していくだけ。

なんでアクアポリスで学んだことをすぐ忘れてしまうんだこの運営は。
みんなで死者の宮殿行こうぜ!ってなる設計じゃない。こんなの。
パッチ直後の波が終われば235武器がほしい人しか行かないような仕様な上にその肝心な
235武器は固定パラメータで、幾つかのジョブに至っては取る価値すら無いようなものもある。
こういうローグタイプのコンテンツこそランダムステータスにするとか、パラメータをいじれる代わりにILが235と低めですよ、ってなってたほうが楽しいだろうに、これじゃ1回自分のジョブのものを記念にとって終わりじゃん。

じゃあ235武器を欲しがるような人は今いるのかって話だけど、いないよ。
断言するけどこんな苦痛なコンテンツをやってる暇があったらニーズヘッグを軽く予習してクリアしたほうが手っ取り早いし簡単だ。


書き出したらきりがない。もっとクソな点をあげようと思えば簡単なんだけど、もう満足した。
そもそも憂さ晴らしのために書いてるにすぎないわけで、結局なんだかんだ言って一応作ってしまうのだ。テンパだから。

夏の日の夜のことであった。
関連記事