【FF14】占星術師視点での極魔神セフィロト討滅戦 攻略(自分用) 

ffxiv_20160224_135929.jpg

今更感が否めませんがせっかく書いたので公開。
あくまで自分用なので書いてある内容がおかしかったり知ったかぶり
地雷プレイ、エアプだったとしても許してください。


3.2が公開されてしばらく経ちましたが皆さん楽しんでいるでしょうか。
僕は極セフィロトの野良の絶望感と律動募集の占枠の少なさに打ち拉がれながらも頑張っています

今回の3.2パッチで占星強くなりましたね。個人的にはおおかた満足です。
フォーラム見てるとまだよわい、強くしてほしい。という投稿が多いのですが
これ以上強くすると正直白の立場がないと思います。
ケアルガありきメディカラありきストンガありきのコンテンツならともかく
それ以外では現状白と占はもう肩を並べていると断言します。

これからやるべきはダイアーナルセクトの調整じゃなくて
ノクターナルセクトの調整と、影の薄いカード、あとはイメージの改善だと思います。


そしてこの極魔神セフィロト討滅戦もその「それ以外」に当たるコンテンツです。
もう近頃は練習ptは見かけなくなりつつあり、GREEDPTが多くはなってきましたが、今後挑戦される占星術師の方に向けてかけることを書いていきます。

受注条件など:

クエスト名 「極まりし魔神セフィロト」
レベル ファイター/ソーサラー レベル60
受注場所 モードゥナ 石の家 (X:6.1 Y:5.2) NPC“ウヌクアルハイ”
条件 クロニクルクエスト「昏き微睡みの果つる刻」をコンプリート


注意事項:
このコンテンツに限った事ではありませんが、占星で挑む際は「ダイアーナルセクト」での挑戦、つまり「占・学」での挑戦をおすすめします。
ノクターナルセクト」でもクリア自体は可能ですが、はっきり言ってメリットがありません。
楽なのは明らかに「ダイアーナルセクト」です。
この記事では一応両方の視点で書いていきますが、自信がない方は気をつけてください。
攻略:
ギミックの解説は行わないので各種攻略サイトを並行して見ながらの閲覧をおすすめします。

フェーズ1(雑魚出現まで)
vlcsnap-error846.png

ダイアーナルセクト:
開幕は余裕があるので盾に向けてアスペクト・ベネフィクを入れて殴ります。
1回目の範囲は鼓舞展開があればさほど痛くない(ストンスキンもあればほぼ無傷)ので
2回目の範囲に合わせてアスペクト・ヘリオスを入れるなりするといいと思います。
その後再度訪れる盾に向けた大ダメージの溜めモーションからの前方範囲ですが、これは鼓舞があればベネフィクを入れれば十分です。
ディグニティはMP消費を気にしなくて良くなったので万が一に備えて温存でいいかと思います。

頭割りの際は学者さんに負担をかけないようにT字が確定したら持ち場に急いで移動し、
範囲回復を入れ、全体ダメージを戻します・・・が
この辺はもう少し詰めれば殴れる場所だと思うので自分の勉強不足です。

頭割りに合わせてヘリオス、二度目の頭割りでアスペクト・ヘリオスを入れることで
ちょうどアスペクト・ヘリオスが無駄なく更新される頃だと思います。

また頭割り後中央に戻る辺りでルミナスエーテルを使い星天対抗を入れるとMP的に余裕ができ、
且つよほど削りが早いPTでなければ雑魚フェーズでルミナスエーテルがちょうど戻ってきてヘイトも楽になり
MPも楽になるのでおすすめ。詩人さんが雑魚フェーズで歌う無駄がなくて済みます。

緑・紫円フェーズではまず集合時に来る全体攻撃で減ったHPを戻します。
集合した時点で運命の輪を展開し、HoTバフを全員に撒いておくとかなり楽になるのでおすすめです。
(ただし運命の輪はリキャの問題で基本的に2回来るであろう緑紫円のうちどちらかにしか使えません。)
その後スプリントで持ち場に早めに移動(これでヒーラーを基準に散開できるので周りが楽になります)、
緑・紫円のダメージに合わせてアスペクトヘリオスなりヘリオスを入れたいところですが
担当位置が円の外側(セフィロトの左右)だった場合立ち位置によっては占星の範囲回復では正反対側に届きません。

この場合は緑紫円後、真ん中に移動し迅速を使い(無駄なことしてる感ありますが)、ヘリオスで
次の2連範囲に間に合います。
(ここで不撓不屈を入れてくれる学者さんの場合は必要ないと思います。)
この前にセフィロトにドンアクを入れておくとダメージが多少軽減されます。
次のリキャもこの攻撃に合わせて戻ってくるので絶対に入れましょう。

基本的にMTへのパンチ後~セフィロトの溜めや移動中は殴るチャンスです
最低でもDoTだけでも入れるように心がけるといいですね。

シナストリーは自分がきついと思う場面でしっかりアスペクト・ヘリオスなどに乗せて入れるといいと思います。
個人的には前半は攻撃パターンを覚えてしまえば厳しい所はないのでどこでもいいとおもいます。

後は雑魚フェーズまでこの繰り返しです。

ノクターナルセクト:
開幕はコンバレディフェンダーをしてくれる戦士を横目に、アスペクト・ヘリオスを入れてからスタート。
かなしいね。
MTにはアスペクト・ベネフィク。

最初の範囲まではダイア同様に殴る。
相方のヒーラーさん次第ですが安全策を取るなら範囲に合わせてクルセを切り、ヘリオス後範囲終了に合わせてアスペクト・ヘリオスを入れたほうがいいでしょう。
前方範囲には絶対にアスペクト・ベネフィクを。

T時・T時後においてはダイアと同じ動きで構いませんが、頭割りにいちいちアスペクト・ヘリオスを入れるとMP枯れンゴwwwwwとなるのが目に見えているので、気をつけて。
ルミナスエーテルの運用においては同じ。

緑・紫円の際はアスペクト・ヘリオスを入れた状態で散開します。
運命の輪を入れておくと白さんのメディカラ+運命の輪でとてもつよい(小並感)
のでどちらかで積極的に使いましょう。
範囲に合わせてまたHPを戻しアスペクト・ヘリオスを入れますが、この際白さんは不撓不屈で戻るHPに慣れているのであまり範囲を即時的に入れない可能性があります。
なので場合によってはヒールを厚めにする事を意識しましょう。
ノクタでもぜひドンアクを。
雑魚フェーズまでループ。

このフェーズでのカード回しについて:

雑魚フェーズまでに関してはDPSを高める必要も特にないのでサリャクなどを使ってしまったりしても構いません。
3.2から途端に神カードになったので積極的に使いましょう。
サリャクを1度でも自分に使えるとまずMPの問題は解決します。
ただノクターナルはともかくダイアーナルの場合はサリャクを使わなくてもMP的に余裕があるので
範囲アーゼマに向けた下準備をしておいてもOK。

フェーズ2(雑魚出現から究極履行技まで)

ffxiv_20160224_231012.jpg
迫真の究極履行技SS、なにもみえない

ダイアーナルセクト:
雑魚フェーズに入ると同時にルミナスエーテルが戻ってきていればぜひ使いたい。
MP回復はもちろんのこと、詩人にバラードを歌わせないのとヘイトを抑えたい目的がある。

ここでは雑魚の爆発に合わせてヘリオスを入れ、アスペクト・ヘリオスを維持します。
開幕すぐであれば運命の輪を使っても究極履行技までに戻ってきます。
使うのが遅くなって究極履行技に合わせて戻ってこなくても
死者が出てない+相方が学者さんであれば運命の輪は必要ありません。
運命の輪を使いHoTバフをMTにダイレーションするとMT乙の事故は減ります。

ただしここで注意すべきなのは運命の輪や野戦治療の陣の軽減効果ではコクマーやビナーの爆発ダメージは軽減できません。
あくまでMTSTに対する攻撃を軽減できるだけなのでタイミングには注意。

ちなみにドンアクは効きます(大雑魚爆発が10000→9000に)
ドンアクっょぃ たった1000だけど。大事だよね。

あとは大雑魚の爆発にヘリオスをあわせるだけ。

究極履行技はさっき言った通り、死者0+学者(orナイトでディバインヴェールを貰える場合)の場合は運命の輪は必要ないですが
特にやることもないので僕はいつも張ってます。

ノクターナルセクト:
楽なダイアに反してこちらには少しつらいフェーズです。気合入れましょう。
こちらもフェーズ以降と同時にルミナスエーテル。

あとは大雑魚の爆発には絶対にアスペクト・ヘリオスを入れる事を意識。
小雑魚の爆発でアスペクト・ヘリオスは剥がれるので忘れがちですがしっかりと。
MTのHPもしっかり見ましょう。大雑魚の地味に痛い攻撃にもしっかりアスペクト・ベネフィクを入れる。

1回目の雑魚爆発にHoTが残るように運命の輪を展開してもいいです。究極履行技にはリキャが戻る程度の火力であれば。
2回目の大雑魚にはドンアクを入れます。

占星で来ている以上少しでも白さんに楽になってもらえるようにやれることはやりましょう。

究極履行技ではアスペクト・ヘリオス後、運命の輪。
死者が出ていたり衰弱者がいればストスキ+アスペクト・ベネフィクを。

このフェーズでのカード回しについて:
ノクタならMPを見ながらサリャクを自分に入れる事も視野に。
MPに余裕があったりダイアならば、究極履行技後、全体化アーゼマを打てるようにしっかり準備。

よほどTPがきつそうな人がいればビエルゴを入れてもいい
でもせっかくの全体化をフェーズ切り替わる直前に入れるのは勿体無いので
今何体目の雑魚をどの程度削っているかを意識しましょう。

フェーズ3(巨大化から討滅まで)

ダイアーナルセクト:
巨大化後、セフィロトがターゲットできるようになり次第すぐアーゼマを投げ
自身もアースシェイカーまで全力で攻撃します。遠慮は要りません。
ヒールではそこまで大変な場面はありません。攻撃とドローを意識します。

アースシェイカー後のダアトですが、これはヘイト1位に大きなダメージが来ます。
このタイミングでMTにシナストリーを投げておけばHPも一気に戻せる上その後フォースフィールドに対するアスペクト・ヘリオスにも乗り
かなり楽になるかと思います。

フォースフィールド後の3連吹き飛ばしは青円地点にフォースフィールド時点で移動しておき
運命の輪を展開しておくと、周りの人もギミックを意識して集まってくれるため事故が減ります。
3連吹き飛ばしではライトスピードを使う人もいるようですが、ミスがなければ大きなダメージがないためおすすめしません。
練習段階ではいいかもしれません。

雑魚フェーズ、キャスLB3を使うPTの場合はアスペクト・ヘリオスを維持しつつフィールド真ん中付近で
ヘリオスを連打するだけです。この時ライトスピードを使うと楽になります。使わなくても全然大丈夫です。

しっかりヒールするコツとしては ビビって手を止めたり早めに逃げたりせずにしっかり音を聞いて、イェソドクラッシュ特有の音が聞こえた時に左右に逃げることです。
その直前まで範囲を連打しておけばまず死者は出ません。
LB3でエフェクトが見えず、怖いかもしれませんが、これさえ覚えれば絶対に大丈夫です。

その後のフォースフィールド前後には運命の輪が戻って来ているので使って構いません。

あとはこれのループ。攻撃するタイミングはかなりあります。ガンガンいきましょう。

ノクターナルセクト:
やることはほぼダイアと同じです。
正直言ってそれほど痛い攻撃はないので、あんまりヒール面で気張る必要はないです。

MPを見ながらルミナスエーテルだけは忘れずに。

このフェーズでのカード回しについて:
とにかく火力向上のカードだけを狙って引いて使用します。
サリャクなどは極力ロイヤルロードへ。相方のヒーラーさんのMPを見ながらですが、おそらく大丈夫。


まとめ
今回の極魔神セフィロト討滅戦はヒーラーにとってはかなり簡単でしたね。
風脈+雑魚フェーズは確かに最初は焦りましたが、慣れればどうってことないです(キャスLBだろうとレンジLBだろうと)

極ナイツと違い、複雑怪奇なギミックの応酬などもありませんでした。あれはつらかった。
ということでこれから挑戦される占星術師の皆様もあまり気張らずに気軽に楽しんでいきましょう!
間違いなく占星術師が問題なく活躍できるコンテンツです!
今セフィロトで占をはぶってる人は絶対占星をはぶる具体的な理由が説明できないと思います。
あと謎の白・占or学募集やめろ

ちなみに今回の報酬武器はPIEが付いてないってことでちょっと微妙。
PIEジャPIジャをはめていますがうーん。早く伝承武器欲しいね。AW?知らん

てわけで。零式1層もがんばっていきましょいー

なお占はハブ
関連記事