「Depressurizer」 Steamゲームのカテゴリ分けを自動でするソフト  

Depressurizer.png

スチーマーの間では有名なソフトなようですが一応メモ程度に紹介しておきます
今日紹介するのは「Depressurizer」というソフト。
どんなソフトかというと、なんとSteamゲームのカテゴリ分けを自動でやってくれてしまうすごいソフトです

・・・と言いたいところなんですが、正確には「ある程度」自動でやってくれるだけです
それも間違った方向にやってしまう場合もあるので、正直あまり期待しない方がいいかもしれません

ただ、肥大したゲームライブラリを一からカテゴリ分けするのも面倒・・・というプロのスチーマーにとっては
便利なソフトかもしれません。
あと、bundle等で手に入った正体不明のゲーム達をカテゴリ分けする場合などにも便利ですね!

また、このソフトはそもそもSteamのカテゴリ分けをSteamではなくdepressurizerを通して
一括で変更できたりするソフトなので、自動カテゴリ分けを使用しなくとも
ライブラリ管理ツールとして便利なものになるはずです。


注意として、これは僕が適当に調べてたらいきなり出てきたソフトです。
なので正直言って安心して使える代物かはわかりません。
ログインを促されたりはせず、ユーザーIDのSteamページからゲーム数やゲームの内容を読み込んでいるだけのようなので
心配はないとは思いますし、僕も使用してしばらく経ちますが特に問題はないので大丈夫だとは思いますが
何かあった時は責任を取れません。自己責任で使用してください。


【ダウンロード】
ダウンロードはこちら
ソースコードも公開されています
ダウンロードできるファイルのうち一番上にある最新版をダウンロードしましょう
「Depressurizer 0-4-4.zip」という名称のものです

Downloads - depressurizer - A Steam library category manager
https://code.google.com/p/depressurizer/downloads/list

【使い方】

まずダウンロードした「Depressurizer 0-4-4.zip」を解凍します。
解凍の方法などは自分で調べるか誰かに聞きましょう。僕は気合で解凍する派なので聞かないでください。


すると「Depressurizer.exe」と「GameDB.xml」というファイルが出てきます
「GameDB.xml」には触れずに「Depressurizer.exe」を起動してみましょう



steampathpath.jpg


起動後、上のような画面が出ます。
ここではSteamをインストールしたフォルダを選択します
基本的に起動時点ですでに認識されており入力されているはずですので
合っていればそのまま進めて構いません。違った場合はBrowseから選択しましょう。



createprofile81824891851.jpg

OKを押すと、このような画面が出るはずです。

上から順番に説明すると

1番上の「Profile Info」はプロフィールを設置する場所です
基本的には変更しなくて大丈夫でしょうが、再インストールや初期化する際には
この場所にあるフォルダを削除しなければ状態が残ったままになります

2番目の「Select User」
ここではプロフィールを作成します。
これにより所持しているゲームがスチームのプロフィールページから読み取られるようです
といってもキャッシュからユーザーを選ぶだけなのでおそらく迷うことはないでしょう。

「Select from Users found on local machine」はPCで見つかったユーザーの一覧が表示されています
Steam Family Sharingなどを行っている場合は複数のユーザー名が表示されることがありますが
表示されている中から自分の名前を選びましょう。

3番目の「Additional actions」
ここでは追加の設定が行えます

「Download game list from community site right now」
(コミュニティサイトからゲームリストをダウンロードする)(?)
「Import categories from Steam right now」
(スチームからゲームリストをダウンロードする)(?)
「Set this profile to be loaded on program setup」
(不明)

英語は読めませんが設定ONOFFして確かめたところこんな感じみたいです
基本的に全てチェックを入れていていいかと。

他のタブについては割愛します。いずれ書きます。



maindep2981951.jpg


設定をした後OKを押すと、ゲームリストのダウンロードが始まります
そして暫く待つと、自分が所持しているゲーム一覧が右に出て
左にカテゴリが表示された上の画面が出ます

しかしこの時点ではまだカテゴリ分けは自動でされていません
ただのカテゴリマネージャが表示されているだけです。

自動でカテゴリ分けするには(Ctrl+A)などですべてのゲームを選択したり、uncategorized欄のゲームを選択したり
自動で分けたいゲームを(Ctrl+クリック)などで選択した後
右下にある「Auto-Categoriz」を押します。

すると、自動でカテゴリ分けが始まり、終わると左の欄に作られたカテゴリが表示され
カテゴリ分けされている状態になります。

あとはカテゴリのリネーム(日本語も使用可能)やあまり正確ではないカテゴリ分けを直したり
FPSなどの新しいカテゴリを作って一括で移動させたりしたり
uncategorizedの、データベースからカテゴリが見つからなかったゲームなどを振り分けたりした後

上部メニューバーの「Profile」から「Export Config File」を押してSteamを再起動すれば完了です。
おそらく適用されているでしょう。これをしない限り適用されないので、注意。


【その他】

メニューバーの「Tools」→「Database Editor」→「Update New」から最新のデータベースを取得できます
しばらく放置すると新しいゲームが出てくるので、たまにこれをするといいかもしれません。

オートカテゴライズは指定したゲームのみ反映させることもできます。これを忘れるとこれまで手作業で分けたカテゴリがグチャグチャにされるおそれもあります。ただExport Config Fileを押すまでは取り返しがつく(スチームには適用されていない)のでぐちゃぐちゃになった場合はプロファイルを消すなりして最初からやり直しましょう。



おわり 何度も言いますが、何かあっても責任は取れません。
関連記事