雑魚なりにBF4を解説 ~兵科について~ 

battlefield-4-326935.jpg

兵科の選び方や特徴など
基本的に自分用の行き詰まった時に見るまとめ
異論は認める

MP_Character_Profiles_RU_large_wm.jpg


・突撃兵
対人・歩兵戦闘に秀でている兵科。
突撃兵特有のガジェットとして除細動器(死亡した仲間の蘇生が可能)や医療キット(またはパック)という物を持っており、これを使用することにより自分、味方、または敵の治療を行うことができる。
そのため無駄に突撃しなければ1kill毎に退避、治療、戦闘を繰り返せるので、他兵科に比べて基本的に生存時間が長くなりやすい。
固有の武器として「アサルトライフル」を装備できる
アサルトライフルには基本的に近距離~中距離を安定して戦える武器が揃っている
除細動器での味方の蘇生は多めのスコアが獲得できる反面、場面を間違えると仲間をイライラさせる要因になるどころか、一つの拠点を争う場面だと総崩れする場合もあるので敵がいないと確信できる時に蘇生するようにしよう。まあ個人的には蘇生からのデスでもデスは付加されないのでそれを考えると少しぐらい積極的にやってもいいと思う。個人的に・・・ね。
前述した医療キットによりチームプレイも可能で、突撃兵はチームへ大きな影響を与えると思う。
ただ、BF4になってから3の時もその傾向があったけど突撃兵が多めな気がする
それ故に自分が出した医療キットをなかなか使ってもらえない、医療キットが溢れかえるなんてことも。
あと他兵科に比べて戦車や戦闘機、ヘリコプターなどの兵器への対抗措置を基本持っていないのも難点。
M320というガジェットを所持しており、爆発属性があるものの兵器へのダメージは物足りない。
戦車を見かけたらとりあえず逃げよう

固有のフィールドアップグレードは「衛生兵」と「グレナディア」。
衛生兵により治療効果を高めることができる。
グレナディアにより爆発物の所持数を増やし、爆発物からのダメージを減らす、爆発耐性を付加する。

チームデスマッチやドミネーションなどの早い試合展開のモードや、自分の腕に自信がある(複数体キル→治療→キルをテンポよく進められる)、もしくは自信が全くない(1killして治療、よく考えなくても医療キットを落としておけばチームに影響を与えられる)人などにお勧め。


・工兵
兵器運用に秀でている兵科。
工兵特有のガジェットとしてRPGやスティンガーや地雷などの対兵器武器やEODボットやリペアツールなどの
味方兵器を修理する(味方兵器の損傷を回復する)ガジェットを持っている。
特にリペアツールが与える影響は個人的には全兵科中で一番だと思う。
リペアツールを振り回す味方がいるだけで兵器を快適に運用でき、前線へ兵器で乗り込むことも容易になる。
ビークルが戦場に与える影響は多大なものがあるので、工兵になったら積極的に修理に取り組もう。
また対兵器武器を装備できる唯一の兵科であり敵の戦車を止めるのは基本的に工兵の役目となる。
ヘリコプターも勿論破壊できる。さらに前作と比較してヘリコプターに対する対兵器武器の威力や影響も大きくなっているので工兵の役目は更に増したと言える。
降りて修理も可能なので乗り物に乗るときはぜひとも工兵に。工兵がきっと輝くはず。

固有の武器として「PDW」を装備できる・・・が
BF4のPDWは基本的に微妙な子扱いされており、全兵科共通武器のカービンを使ったほうがいいという意見が多い。
個人的にPDWは嫌いではないけど、確かに突撃兵の「アサルトライフル」と比較すると
旨味は少ないなあ思うのも事実。ていうかカービンが万能すぎる説

固有のフィールドアップグレードは「メカニック」と「対戦車」
メカニックより修理破壊効果を高める
対戦車により対兵器武器の弾薬や地雷の装備数を増やす。FLAK効果もあり。

コンクエストやラッシュなど兵器が存在感を発揮するモードや、チームプレイを心がけたい時、キルレよりもSPMやチームの勝利に貢献したい人におすすめの兵科。ただ敵兵器の破壊やビークルの操縦などにもスキルが必要でそれに慣れるまでは理不尽に死ぬことが多いかも。
チームプレイが得意な反面、他兵科と比べても個人戦闘は苦手。チームデスマッチやドミネーションなどの乗り物が登場しないモードでわざわざ選ぶ利点もないだろう。PDWが気に入らない限りは。
ただし、あまり好かれることはないがRPGやSMAWなどのフリーエイム仕様のランチャーは対歩兵戦闘にも使用でき絶大な威力を発揮する。
外人に暴言を吐かれても気にしないならぜひともおすすめしたい。俺は気にせず使ってます。
MBT RAWなんかはその代表で、リロードが早く歩兵程度なら消し飛ばす威力もある。戦車相手には産廃だとか言われてるけどそもそもそういう武器じゃない気がするあれ。



・援護兵
その名の通りサポート、味方の援護などに秀でている兵科
援護兵特有のガジェットとして弾薬箱やXM25 AIRBURSTや迫撃砲などが使用可能。
前作ではC4爆薬が魅力の一つだったが偵察兵にNTRれて固有ガジェットではなくなった。
特に弾薬箱が与える影響は絶大。工兵の対戦車戦闘を維持するためにも重要、突撃兵の対歩兵戦闘を維持するためにも重要、偵察兵の狙撃の維持にも重要。すべての兵科、プレイヤーに影響する重要なガジェットである。
またXM25 AIRBURSTはとてつもなく強力。使いこなし射撃前の設定如何では
軌道や爆発地点なども調節できる。爆発効果もあるため敵兵士が固まっている建物内へ撃ち込めば
マルチキルを狙える。さらにビークルへの威嚇も可能。
標準でサーマルスコープ搭載、それにより索敵能力もある。
工兵のミサイルなどと違って弾道落下がほぼないので遠距離でも運用でき、遠くのビルにいるスナイパーに対しての威嚇、それどころかキルまで狙える万能武器でもある。
C4もNTRたと書いたが援護兵にも残存。初期装備ではなくアンロックには134,000援護兵スコアが必要だが無理な数字でもないと思うのでC4をアンロックしてしまえば対戦車戦闘も可能という万能ぶり。
偵察兵や工兵と違い、弾薬箱で好きなタイミングでC4を補給できるのでベストな状態での戦闘維持が可能。対戦車戦闘も継続することができる。

素晴らしい!さぞかし人気の兵科なんやろなあ!!!

某個人サイトで見かけた「どの兵科が好きですか」というアンケートの結果
Assault:44%
Engineer:25%
Recon:28%

Support:3%

Support:3%


    /\___/ヽ
   //~    ~\:::::\
  . |  (・)   (・)   .:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   は?
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\



・・・まあこういう結果になったのは理由があってこのアンケートが実施されたのはβ時点。
実はβ版の援護兵には致命的な欠陥があり、それが「弾薬パックから重火器系弾薬が補給できない」ということ
BF4からは応急処置パック、弾薬パックという新たなガジェットが追加された。
これは医療バッグや弾薬バッグの系統の新ガジェットとして追加されたものだが、応急処置パックに関しては、走っている相手にも渡せる、歩きながらでも回復が可能、回復速度も医療バッグに見劣りしない、など多少ながら利点があった。
ただし弾薬パックは別で、β時点だと前述した問題があり、尚且つ補給が遅いこともあり、積極的に援護兵を使いたがる人はいなかった。弾薬バックのアンロックにはしばらく時間がかかるのもある。
結局製品版にはその仕様は修正され、弾薬パックからもミサイル系補給が可能になり、補給速度もなかなかのものになった。投げ渡すことも可能で、ポイポイばら撒けるのは悪くない。通りかかるだけで永続的に補給ポイントがいただけるので味方に弾薬テロを起こすことも可能だろう。
だが、そのイメージは未だに健在のようで、「弾薬パックではミサイル系の補給が出来ない!」という考えで援護兵を使ってない人も多い。ちなみに俺もその一人で、つい最近知った。そのおかげで援護兵が突撃兵に次ぐ兵科になったよ。
と、話がずれましたがそのおかげでか今でも戦場での兵科比率は援護兵が低めな印象。
弾薬を求めて走り回る兵士も多いので、ぜひとも弾薬を補給してあげよう。

固有の武器として「LMG」を装備できる。
ライトマシンガンはその弾薬数やバイポットの反動制御などにより制圧射撃などが得意。
遠目からバイポットで掃射するも良し、運用次第ではARのような立ち回りも可能。

固有のフィールドアップグレードとして「間接射撃」と「周囲警戒」が使用可能。
「間接射撃」ではサポート系能力の向上、「周囲警戒」では制圧射撃やクレイモア所持数の向上などの効果がある。


こちらもコンクエストやラッシュでの使用がおすすめ。
C4により戦車やビークルへの対応も可能、歩兵への対応も可能、弾薬箱により仲間のサポートもでき、XM25は遠距離戦闘や乗り物への威嚇に使用できる。
また弾薬箱は戦闘の持続を可能にする。武器の弾薬がなくなり、拾わないと!と敵の前に出て死亡 というシーンを回避できる。これが個人的には結構意味を持つと思う。
医療バッグはなくても、何だかんだで隠れていればHPは自動回復するが弾薬は違う。
反面、チームデスマッチでの利用に関しては・・・悪くはないと思うが展開の早さもあり医療バッグと違い弾薬が必要になるシーンもさほど見受けられない。
XM25もダメージ的には少なめなので、TDMで運用するには厳しい物がある。夢中になって撃っていると後ろからグサーと行かれることも。
味方に弾薬を配って周りたい、ほら!弾薬箱だ!受け取れ!と言いたい、なんでもできる兵士になりたい、弾薬の心配をしたくない、弾薬がなくなって困るシーンが多々ある上級者におすすめ。



・偵察兵
遠距離戦闘や敵兵器などの偵察に秀でている兵科。
偵察兵特有のガジェットとしてPLD、無線ビーコン、モーションセンサーなどが使用可能。
援護兵から奪いとったC4はアンロックが不必要で、最初から使用できる。
ガジェットからもわかる通り、前作以上に「偵察」兵としての役割が強まった。
理想としては敵の目の届かない屋上にビーコンを立て、相手の裏を取らせたり、PLCで戦車の破壊をアシストしたり、屋上から滑空しつつC4でビークルを爆破など。他の兵科と違い、影で戦うことも多いはず。

偵察兵固有の武器として言わずと知れた「スナイパーライフル」が装備可能。
スナイパーライフルは扱いが難しいが、極めれば敵プレイヤーを完全に沈黙させることができるだろう。
屋上などに陣取る事が多い偵察兵なのでそこから狙撃をすれば貴方も立派なスナイパーだ。

固有のフィールドアップグレードは「特殊部隊」と「スナイパー」
特殊部隊によりステルス効果などの相手から隠れる、こちらの情報を極力伝えないようにすることが可能
スナイパーによりスナイプ関連の強化が可能。

偵察兵に関してはすべてのモードで安定的に活躍し、影でチームを支える兵科となっている。
スナイパーライフルはTDMなどでは厳しい部分があるが、カービン等を装備できるので他兵科のような運用ができる。
敵の裏をかいたり、レーダーなどに相手を表示させ、偵察兵としてチームを支えたり、屋上に陣取りスナイパーになりたい人、また一番まったりと自分のペースでプレイできる兵科であると感じるのでそういうのがいいかたはぜひ。
個人的には一番カッコイイ兵科だと思う。SR使えないから使わないけど



結論
全部の兵科にいいところ、悪いところがあるので場合による運用を心がけよう!
っていうのは表向きで、実際は使いたい兵科を使えばいいと思うよ!
結局どれがいい!ってのはないし、自分の戦闘スタイルによって向き不向きが全然変わってきます。

ゴリラはBF3の突撃兵でもやってろ

gorilla.png



                      ∩_
           ,r"´⌒`゙`ヽ    〈〈〈  ヽ
         / ,   -‐- !、  〈⊃   }
        / {,}f  -‐- ,,,__、)  彡    ミ
      /   /  .r'~"''‐--、)  彡    ミ
    ,r''"´⌒ヽ{   ヽ (・)ハ(・)}、 彡    ミ   
   /      \  (⊂`-'つ)i彡      ミ
  ミ         `}. (__,,ノヽ_ノ,ノ       ミ
  ミ          l   `-" ,ノ      ミ
  ミ          } 、、___,j'' ヽ    ミ
  ミ         ノ       ノ  ミ




おわり